ナイトのあしあと

我が家の末っ子Mダックス ナイトの成長ドタバタ日記。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

続けるということ。

b395.jpg


続けるということ・・・。
簡単なようで、これが本当に難しいのです。
しっかり出来るのに、いつもママと頑張っているから、
この2ワンはナイトの目標なのです~♪

b397.jpg


最近のレッスン仲間のボビィとICE。

ある程度のところまできてしまうと、「このぐらいでいっか」って思ってしまうけど、

ボビィとICEは楽しくレッスンを頑張っています。

その瞳の先には、大好きなママがいるから、

この子達は、その気持ちを汲み取ろうと努力しているのだと思います。

真剣な眼差しは、とっても可愛くて見ていて微笑ましい♪


パピーの頃のような、劇的な変化はないけれど、
小さい変化を積み重ねて、これからも頑張っていけたらいいね♪

ナイトも色々課題が山積みだけど、
ボビィとICEに置いていかれないように頑張ります。
先輩!ご指導これからもよろしくです!!

・・・オマケ・・・

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

モカのこと。

モカの病気のこと、いつかは書きたいと思っていました。
でもなかなか書くことが出来ずにいました。
モカがいない事実には向き合えるようになってきたけれど、
モカを私の元から奪った病気の事には向き合えないでいたのかもしれません。

モカがなってしまった病気の名前は、
「進行性脊髄軟化症」です。
もしかしたら、耳にしたことがあるかもしれません。
この病気は、椎間板ヘルニアと切っても切れない病気なんです。
椎間板ヘルニアになった子の中の約3%~6%の子がなるといわれています。
今のところ治療法もなく、なれば奇跡が起きない限りその先にあるのは「死」なんです。

進行性脊髄軟化症とは・・・椎間板物質の突出により、脊髄動脈が圧迫され、虚血性壊死を発症し
脊髄が溶解(溶ける)病気。
脊髄が壊死していくことによって、神経が侵され最後は呼吸が出来なくなって死に至る。


モカも最初は、単純な椎間板ヘルニアだと思っていました。
ダックスと暮らしている以上、ヘルニアになるのはある程度覚悟していました。
もし歩けなくなっても、私が足になってあげよう。
不便を感じないぐらい、私が支えてあげよう。そう思っていました。
ヘルニアで命を落としてしまうことがあるなんて、想像もしませんでした。
モカがヘルニアを発症してからも、まさかその6%に入ってしまうとは思っていませんでした。

モカは、椎間板ヘルニアを発症してからちょうど一週間で息を引き取りました。
軟化症の子は、呼吸困難で息を引き取るので苦しみながら息を引き取る・・・
そんな風に書かれていたので、それが悲しくて悲しくて。
幸いにも、モカは本当に眠るように、深く一つ息をついて旅立ちました。
軟化症が奇跡的にとまり、今でも元気に暮らしているダックスちゃんもいるそうです。
残念ながら、モカにその奇跡は起きませんでした。

もっともっと医学が進歩して、軟化症なんて怖くない!
そうなればいいなと心から願っております。

Scan10065.jpg

PageTop

なぜだろう?

お盆休みも終わり、オフィス街もいつも通りになりました。
お盆休み中も出勤していたのですが、
電車とか空いているし、いつもよりも快適だったのですよね

さて、最近お友達とよく聞かれる事なんですが、
「何故ナツコ家の4ワンは、みんな男の子なのでしょう?」

うーん、聞かれてみるまであまり気にしたことも無かったのですが、
我が家って歴代のワンコたちみんな男の子なんですよね
ナツコ逆ハーレム状態?とでも言いましょうか。
で何故にココまで男の子ばかりなんだろう?と自分なりに考えてみたのですが、
正直何故だか分かりませんでした、ハイ。

元を辿ってみると、初代のワンコが男の子だったから、
なんとなくそのままの流れでずっと~って感じなんですけどね
でも、男の子には男の子の・女の子には女の子のおおまかな性格の違いってありますよね。
私がよく聞くのは、【男の子はいつまでも甘えん坊】って事と、
【女の子は自分の世界を持っている】って事です。
女の子と一緒に暮らした事が無いので、全然分からないのですが、
やっぱりそんな感じなんですか??
基本的に男の子のべったり甘えん坊な所も大好きだし、
女の子のちょっと大人っぽいところにもすごく憧れるんですよ

そもそも皆さんは、男の子・女の子ってどうして決めたのかしら??
そこが気になる~。うーん何故??

我が家はさすがにもう増える事はないのですが、
次は女の子かしら??なんて話しているんですよ。
我が家では一番のマザコンはナイトです。
最近では「親離れ子離れが出来ないイタイ親子」って専ら家庭内では言われてます(笑
b147.jpg
「イタくてもいいニャ♪」

PageTop

残念なことに・・・。

先日、我が家から程近い所にあるワンOKのカフェが、
10月からワンNGになる事になった。

そして、タイムリーな感じでお友達のブログにも、
ワンNGになるカフェが他にもあるって事が書かれてあった。
お友達のブログに書かれているカフェは、
私も大好きだったので、よくお世話になりました

私の地元のカフェもそのカフェも、多分両方ワンNGにする理由は
きっと同じなんだろうな。
ドッグカフェではなくて、ワンOKのカフェだから尚更なんだろうな。
最初はワンNGのカフェだったけど、きっとワンとお出かけする人が増えた事で、
「ワンもOKですよ」ってせっかく言ってくれたのに。

本当に残念でなりません。
83.jpg


画像は散歩途中のノビノビナイト。
全くやる気が感じられません(笑)

PageTop

子犬の社会化。

最近のワンちゃんたちは、社会化が上手くできていないから、
問題行動がある子が増えているんだとか・・

我が家の3ワンも、なかなか他の子となじめないところがあるので、
ナイト君は社交性のある子に育てようと思っています

よくよく調べてみると、
ワクチンが終了してなくっても、外に出して大丈夫なんですってね。
もちろん、色々なワンちゃんがくるような公園や、ペットショップなどは好ましくないけれど・・・。
抱っこしたり、誰かに触って貰ったり、ワクチン済みの子と戯れたりするのは全く問題なし
モーマンターーーイ
な、訳ですよ。
そもそも、ワクチンたって、結局抗体が切れてなかったら、
その時に打つ意味もないわけで・・・。
2回目だから、絶対安心なんて言い切れないわけなんですよ。
(え??みんな当たり前のように、知っているの??)
ワタシは今まで、お恥ずかしながらワクチンプログラムについて
きちんとした知識がなかったもので。。。目からウロコでしたわ!

あら、話がそれた。話を戻してっっ
子犬の社会化を促すために、一番有効的なのは、
やっぱり沢山の人に触ってもらう事なんですって。
なんでも満3ヶ月になるまでに、100人の人に合わせるといいとか。
ひゃ、ひゃくにん??
そんなに知人いないし・・・なんて思っていてはいけないらしく、
公園で出会った人や、道をすれ違った人なんかにも声をかけるらしい。

「あの~、うちの子、触ってもらえます??」
・・・・・ちょっと変ですよねぇ・・・・・
44.jpg

ナイト「それって、変な人みたいだニャ」

うーーーん、ワタシもそう思う。
ちなみに、今現在ナイト君と接触した人物。
のべ15人程度

果たしてナイト君の社会化は上手くいくのかしらん??

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。